すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングデバイス CS60Newsletter Vol.169スマイシアHD株式会社様 基礎研修レポート(後編) | すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングデバイス CS60
2022/06/17

Newsletter Vol.169

スマイシアHD株式会社様 基礎研修レポート(後編)

前回に続き、スマイシアHD株式会社様の
基礎研修の様子をレポートいたします。

基礎研修会2日目。
午前、午後で各部位の施術をしていましたが、最後は一日の総ざらいとして全身を施術していきます。通常の基礎研修では50分かけて施術しますが、今回はダイジェスト版として20分で仕上げることになりました。ペアの方に施術台でうつぶせになってもらい、足もとから脚、臀部、腰、背中から肩にかけて施術していきます。その次は脇、頭。次に仰向けになってもらって、顔まわりをケアします。最後に足の甲から脚をさすって、下腹部へと上がっていきます。最後に両腕まで終えたら研修修了です。

研修を終えた、アサヒグローバルホーム株式会社の代表取締役社長 林義明さんに、2日間の研修の感想を伺いました。

「みんな楽しそうに研修を受けることができてよかったです。これだけ密に2日かけて教えていただいたので、みんなCS60のことが理解できたと思います。疲れを見せている人間はあまりいないので、ペアで交代しながら施術を受けていたのがよかったのかもしれません。CS60はシンプルで誰でも使えるのかいいところですね」

住宅×CS60の可能性について聞くと「建物というのは一つの手段であって、本当に提供したいのは家族の幸せです。健康は幸せの中では一番大事なものだと考えています。社員一同、CS60を通して、健康について学んでいく。そして自分なりに考えたことをお客様に伝えていけたらいいのかなと思います」と話してくれました。

ゴールドエイジ株式会社の代表取締役の木村康之さんにも感想を伺いました。

「いろいろ勉強になりました。職員さんたちが楽しみながら、『どうしたらこの疲れが軽くなるんだろう?』と話ながら実践している姿が見られたのがよかったです。CS60のことは、会長と東京のサロンに行って試したり、意見交換したりしていたので以前から知っていました。社員のみんなが健康でいられて、仕事がしやすくなって、日常の疲れがとれるようになってほしいというのが会長の想いでもあります。将来的には入居者の方にも提供することで、ご本人やご家族に喜んでいただきたいです」と木村さん。

研修会が終わると、参加した方から西村先生に対しての質問タイムが設けられました。「CS60でめまいは改善しますか?」「子どもの成長痛は?」「水濡れしても大丈夫ですか?」「くすぐったい人はどうしますか」「未熟な私が現場のスタッフに教えていいのでしょうか?」「高齢者施設で働いていると感情が不安定な方と接することがあります。どこを施術したらいいでしょうか?」など、さまざまな質問が飛び交いました。

続いて、修了証書の授与式です。時間の都合により、スマイシアHD会長と各社の社長が代表で受け取りました。その後は「CS60がこれほど多く集まる機会はなかなかないから」ということで、西村先生のリクエストで全員集まり「千手観音」のポーズで記念撮影。最後まで笑いの絶えない研修会となりました。

西村先生に研修会の手応えを聞いてみると「こういう施術会は初めてですが、僕がイメージした通りにできました。本部スタッフは事前に何も言っていませんが、その場の空気を読んで動いてくれるので、予備知識一切なしでも大丈夫です。面白いから他の研修会でもやってもいいかなと思います。全国から希望者を集めて、2日で一気に仕上げる研修もいいのかなと思いました」とのことでした。

(おわり)