すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングシステム CS60 | Newsletter Vol.158総合格闘家 平田直樹さん・樹さん
2022/03/31

Newsletter Vol.158

総合格闘家 平田直樹さん・樹さん

総合格闘家の平田直樹さん、樹さんご兄妹に、
CS60を体験していただき、感想を伺いました。

女性総合格闘家の平田樹さんさんは、レジェンド格闘家が次世代スターの原石を磨きあげる格闘ドキュメンタリー「格闘代理戦争3rd」で優勝し、一躍注目が集まりました。2019年6月の「ONE: LEGENDARY QUEST」でプロデビューしています。

兄の平田直樹さんも総合格闘家です。彼は大学を卒業してからMMAファイターの道を選びました。柔道をベースにしながらもMMAの試合経験もあるオールラウンダーな選手です。今回は兄妹そろってCS60アスリート施術会に参加していただきました。

CS60はどういうきっかけで知ったのか、樹さんに聞いてみました。

「ずっとお腹が悪くて、知り合いに紹介されてヘルスケアマンに通うようになりました。今回はひさびさにきましたけど、前は月に1回くらいは来ていたんです。減量の幅もあるので、内臓の負担もあるのかなと思います。練習で疲労がたまることもあるし、試合も長いので、疲労がたまらないようにケアして試合でしっかり勝っていきたいです」

樹さんにはベッドに膝を立てた状態で寝てもらって、西村先生が足首を中心にCS60を当てていきました。地面を踏みしめたときの感触を確かめてもらうと、「足の裏が柔らかくなって、突っ張っている感じがなくなりました」という感想でした。その間わずか数分です。

お兄さんの直樹さんも、試合前にCS60でメンテナンスをしているそうです。

「最近は膝をケガしてばっかりで、せっかくの機会なのでアスリート施術会にきました。膝の靭帯が切れてしまい、医者からは3カ月は試合ができないと言われています。今1か月経ったところで、ようやく日常生活ができるようになりました。練習できないのが結構ストレスです」

直樹さんにはうつぶせになってもらって、右膝の裏にCS60を当てていきました。
西村先生が「5、4、3、2、1、0。はい、取れました」と言って足を動かしてもらうと、「楽になりましたが、まだ伸ばしきれません」と直樹さん。
「じゃあ、あおむけで寝て」
西村先生が、今度は膝のまわりでくるくるとCS60を動かしていきます。
「痛めてるね、お年寄りの膝みたい。でも若いから大丈夫だよ」
施術の間顔をしかめている直樹さんに「決め技とどっちが痛い?」と先生が聞くと「CS60(笑)」と答えていました。
再度膝の曲げのばしをしていただくと、「全然違います。感覚が変わりました」と驚いたようにおっしゃっていました。

施術後に直樹さんに感想を聞くと「最初は不安もあったんですけど、やってよかったなと思います。今年ケガで試合に出られなくなってしまったので来年以降はしっかりリハビリしてしっかり勝っていきたいです」とのことでした。

(おわり)