すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングデバイス CS60Newsletter Vol.195「軽やか整体 ラーク【LARK】」 知久泰宏さん | すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングデバイス CS60
2022/12/15

Newsletter Vol.195

「軽やか整体 ラーク【LARK】」 知久泰宏さん

今回お話を伺ったのは、長野県駒ヶ根市から各地へ出張施術をしている、
「軽やか整体 ラーク【LARK】」知久泰宏さんです。

―知久さんがCS60を始めたきっかけは何ですか?

知久:高城剛さんのメルマガです。西村先生が登場した回を読んで興味を持ち、当時新井薬師にあったサロンに予約のメールをしました。
そうしたら高城さん効果で既に2~3カ月先まで待ちだったのです。仕方なく2カ月くらい待ってからメールをしたら、また2~3カ月先まで埋まっていると返信が届きました。今では信じられないことですが、当時は西村先生が直接メールのやりとりをしてくださっていました。

―メールにはどんなことが書いてあったのでしょうか?

知久:「長野だったら岡谷市に長谷川(現在は青山本社勤務)という施術者がいるから、そこに通ってみてはどうか」と教えていただいて、何回かお客さんとして通ったのです。
10回くらい通った後に、「僕でも施術者をしてもいいのでしょうか?」と聞いたら「長野の南のほうにはまだ施術者がいないから、やってみたらいいじゃないですか」とすすめていただき、当時西村先生が月イチで施術会をされていた山梨県富士吉田の施設を紹介していただいたのでそこで契約しました。

―「自分でもやりたい」と思った理由は何かあったのでしょうか。

知久:施術のあと、とにかく「身体が軽い!」と効果を実感したことです。サイズもコンパクトなので持ち歩けるし、電源もいりません。年をとっても続けられるんじゃないかと思いました。足腰が弱ってきた両親のケアや不調のある知人にも施術を受けてもらいたいという気持ちもありました。

―知久さんはそれまでどんなお仕事をされていたのですか?

知久:グラフィックデザインの仕事を今も並行して続けています。イラストレーターやフォトショップ、ドリームウェーバーなどのアプリを使うパソコン業務が多いです。

―CS60はどのように活用されているのでしょうか。

知久:CS60の施術は基本的には出張施術をメインにしています。今年からは週末を中心にマルシェや温泉施設にも出店しているんですよ。CS60は比較的短時間で効果が期待できるし器具としても小さく荷物も少なくて済むので、出張施術やイベント出店に向いていると思っています。まあベッドは重いですけど(笑)。

―店舗を持たなくても、イベントに出店したり、お客様のご自宅やレンタルスペースで施術されたりしているのですね。

知久:僕がお世話になった長谷川さんも、地域のレンタルスペースを借りていたので、「出張施術という方法があるんだ」ということは最初からわかっていました。ありがたいことにイベントで初めてCS60を体験したのをキッカケに、定期的に身体のメンテナンスにご利用いただける流れができてきました。短時間でも一度受けていただければ、効果を実感していただけることが多いです。いろいろな施術や治療を受けられてきた方も、CS60をお試しいただきたいと思っています。

―とてもいいですね。「店舗がないけど開業したい」という方にも参考になると思います。最後に今後の目標を教えてください。

知久:CS60の施術方法はどんどん進化しています。僕が初めて研修を受けていた頃と比べてもバージョンアップしているのを感じます。西村先生ご自身もどんどん変わっていかれますし、施術者も日々増えているので、多くの方の考えや手技から、学んで吸収していきたいです。感覚的な部分もあり簡単ではないですが、常に経験を重ねて上達していければと思っています。

(おわり)